面白い本を探す

親鸞賞を受賞した作品の一覧です。

親鸞賞受賞作

親鸞賞は浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の遺徳を偲び顕彰するとともに、日本の文化と文学の振興に寄与するために2000年に創設された文学賞で、一般財団法人本願寺文化興隆財団が主催しています。

日本人の精神文化に深く根付いた優秀な文学が対象で、ジャンルの指定はなく、受賞作は偶数年の10月に発表されます。

以下は受賞作の一覧です。

  • 第11回
    (2020年)

    朝井まかて

    グッドバイ

      長崎の油商・大浦屋の女あるじ、お希以―のちの大浦慶・26歳。黒船来航騒ぎで世情が揺れる中、無鉄砲にも異国との茶葉交易に乗り出した。商いの信義を重んじるお希以は英吉利商人のヲルトやガラバアと互角に渡り合い、“外商から最も信頼される日本商人”と謳われるようになる。やがて幕末の動乱期、長崎の町には志を持つ者が続々と集まり、熱い坩堝のごとく沸き返る。坂本龍馬や近藤長次郎、大隈八太郎や岩崎弥太郎らとも心を通わせ、ついに日本は維新回天を迎えた。やがて明治という時代に漕ぎ出したお慶だが、思わぬ逆波が襲いかかる―。いくつもの出会いと別れを経た果てに、大浦慶が手に入れたもの、失ったもの、目指したものとは―。円熟の名手が描く、傑作歴史小説。
      (「BOOK」データベースより)

    • 第10回
      (2018年)

      諸田玲子

      今ひとたびの、和泉式部

        平安朝、大江家の娘式部は、宮中で太后に仕え、美貌と歌の才を高く評価される。和泉守と結ばれ幸せな日々に、太后危篤の報が届く。急ぎ京へ戻った式部を親王が待っていた。高貴な腕に抱きすくめられ、運命は式部を翻弄していく。愛する人たちを失いながらも、歌に想いを綴っていくが…。浮かれ女と噂を立てられながらも、生涯の愛を探し続けた式部。冥き道をゆく謎多き女性を大胆に描く親鸞賞受賞作。
        (「BOOK」データベースより)

      • 第9回
        (2016年)

        澤田瞳子

        若冲

          京は錦高倉市場の青物問屋枡源の主・源左衛門―伊藤若冲は、妻を亡くしてからひたすら絵に打ち込み、やがて独自の境地を極めた。若冲を姉の仇と憎み、贋作を描き続ける義弟・弁蔵との確執や、池大雅、与謝蕪村、円山応挙、谷文晁らとの交流、また当時の政治的背景から若冲の画業の秘密に迫る入魂の時代長篇。
          (「BOOK」データベースより)

        • 第8回
          (2014年)

          和田竜

          村上海賊の娘

            時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。
            (「BOOK」データベースより)

          • 第8回
            (2014年)

            木内昇

            櫛挽道守

            • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆☆

            幕末の木曽山中。神業と呼ばれるほどの腕を持つ父に憧れ、櫛挽職人を目指す登瀬。しかし女は嫁して子をなし、家を守ることが当たり前の時代、世間は珍妙なものを見るように登瀬の一家と接していた。才がありながら早世した弟、その哀しみを抱えながら、周囲の目に振り回される母親、閉鎖的な土地や家から逃れたい妹、愚直すぎる父親。家族とは、幸せとは…。文学賞3冠の傑作がついに文庫化!
            (「BOOK」データベースより)

          • 第7回
            (2012年)

            稲葉真弓

            半島へ

              その春、「私」は半島に来た。森と海のそば、美しい「休暇」を過ごすつもりで―。たったひとりで、もう一度、人生を始めるために―。川端賞受賞の名作「海松」を超えた、究極の「半島小説」。
              (「BOOK」データベースより)

            • 第6回
              (2010年)

              宮尾登美子

                若くして、京都・西陣で呉服の小売りを始めた菱村吉蔵は、斬新な織物を開発し、高い評価を得る。しかし模造品が出回り辛酸を舐めた末、元大名の茶道具の修復をきっかけに、より高度な作品を手がけるようになった。そしてついには法隆寺の錦の復元に挑む…。
                (「BOOK」データベースより)

              • 第5回
                (2008年)

                立松和平

                道元禅師

                  源平戦乱の余燼さめやらぬ鎌倉初期、京都の摂関家・藤原基房の娘伊子を母に、村上源氏の流れを汲む名門家の歌人・久我通具を父に生まれた道元は、瞳が二重の「重瞳の子」のため天下人か大聖人になるとの予言を受ける。幼少のうちに母を失い世の無常を身に染みて感じた道元は、真実の道を求めて出家。建仁寺で栄西の弟子・明全に師事したが、正法を求める思い止み難く宋へと向かった。仏教の革命者の全生涯を描いた初の大河小説。第三十五回泉鏡花文学賞・第五回親鸞賞。
                  (「BOOK」データベースより)

                • 第4回
                  (2006年)

                  高村薫

                  新リア王

                    55年体制を生きた政治家の王は80年代半ば、老いて王国を出た。代議士の父と禅僧の息子の、魂の対決。
                    (「BOOK」データベースより)

                  • 第3回
                    (2004年)

                    池澤夏樹

                    静かな大地

                      明治初年、淡路島から北海道の静内に入植した宗形三郎と四郎。牧場を開いた宗形兄弟と、アイヌの人々の努力と敗退、繁栄と没落をえがく壮大な叙事詩。著者自身の先祖の物語であり、同時に日本の近代が捨てた価値観を複眼でみつめる、構想10年の歴史小説。第3回親鸞賞受賞作。
                      (「BOOK」データベースより)

                    • 第2回
                      (2002年)

                      水上勉

                      虚竹の笛 尺八私考

                        日本留学僧と中国女性の子として宋にうまれ、尺八を日本に伝えたといわれる虚竹禅師。南朝の御落胤といわれながら破戒の生涯を送った一休和尚。このふたりが、宇治吸江庵で出会い…。遙か古代から近代までの和漢往来を、尺八の海峡を渡る望郷の響きに託した伝来記。日本と中国の交流の深い絆と歴史を壮大な物語に結実させた、著者最後の長編。第二回親鸞賞受賞作品。
                        (「BOOK」データベースより)

                      • 第1回
                        (2000年)

                        辻井喬

                        沈める城

                          国際資本の企みに敗れた経営者・荘田邦夫。革命運動に挫折した詩人・野々宮銀平。遙か南の古代文明から照射される戦後日本の思想なき繁栄の欺瞞―再生を希求する物語。
                          (「BOOK」データベースより)