面白い本を探す

インターナショナル・ダガー賞(英国推理作家協会翻訳小説賞)を受賞した作品の一覧です。

インターナショナル・ダガー賞(The CWA International Dagger)受賞作

インターナショナル・ダガー賞(The CWA International Dagger)は、英国推理作家協会(The Crime Writers' Association = CWA) が授与するミステリィ文学賞の一つで、その年の最も優れた翻訳ミステリィ小説に与えられる文学賞です。
2005年まではゴールド・ダガー賞に含まれていましたが、2006年から新しい賞として創設されました。尚、2020年からは CWA CRIME FICTION IN TRANSLATION DAGGERに名称が変更されました。
以下は受賞作品ですが、作品名と著者は翻訳された英語名です。

  • 2021年

    (Yun Ko-Eun)

    (The Disaster Tourist)

    • 2020年

      (Hannelore Cayre)

      (The Godmother)

      • 2019年

        (Dov Alfon)

        (A Long Night in Paris)

        • 2018年

          ヘニング・マンケル(Henning Mankell)

          (After the Fire)

          • 2017年

            レイフ・GW・ペーション(Leif G. W. Persson)

            許されざる者(The Dying Detective)

              国家犯罪捜査局の元凄腕長官ヨハンソン。脳梗塞で倒れ、命は助かったものの麻痺が残る。そんな彼に主治医が相談をもちかけた。牧師だった父が、懺悔で25年前の未解決事件の犯人について聞いていたというのだ。9歳の少女が暴行の上殺害された事件。だが、事件は時効になっていた。ラーシュは相棒だった元刑事らを手足に、事件を調べ直す。スウェーデンミステリの重鎮による、CWA賞インターナショナルダガー、ガラスの鍵賞等五冠に輝く究極の警察小説。
              (「BOOK」データベースより)

            • 2016年

              ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)

              天国でまた会おう(The Great Swindle)

                膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。戦死者は称揚するのに、生き延びた兵士たちには冷淡な世間。支え合いながら生きる青年たちは、やがて国家を揺るがす前代未聞の詐欺を企てる!第一次世界大戦後のフランスを舞台に、おそるべき犯罪の顛末を鮮やかに描き上げた一気読み必至の傑作長篇。ゴンクール賞受賞作。
                (「BOOK」データベースより)

              • 2015年

                ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)

                傷だらけのカミーユ(Camille)

                • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆

                カミーユ警部の恋人が強盗事件に巻き込まれ瀕死の重傷を。彼女を守るため警部は独断で犯人を追う。英国推理作家協会賞受賞作。
                (「BOOK」データベースより)

              • 2014年

                アルトゥーロ・ペレス・レベルテ(Arturo Perez-Reverte)

                (The Siege)

                • 2013年

                  ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)

                  その女アレックス(Alex)

                  • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆☆

                  おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。
                  (「BOOK」データベースより)

                • 2013年

                  フレッド・ヴァルガス(Fred Vargas)

                  (The Ghost Riders of Ordebec)

                  • 2012年

                    アンドレア・カミッレーリ(Andrea Camilleri)

                    (The Potter's Field)

                    • 2011年

                      アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム(Anders Roslund & Borge Hellstrom)

                      三秒間の死角(Three Seconds)

                        犯罪組織の中枢にまで潜り込んだスウェーデン警察の潜入捜査員パウラ。組織に与えられた任務は、刑務所内に麻薬密売の拠点を作ることだった。秘密裏に政府上層部のお墨付きを得たパウラは、巧妙な手段で麻薬を所内に持ち込み、ライバル業者を蹴落として商売を始めた。だが、パウラの正体を知らないまま、入所前に彼がかかわった殺人事件を捜査するグレーンス警部の追及の手が迫るのを知った政府上層部は非情な決断を下す…。英国推理作家協会(CWA)賞受賞、スウェーデン最優秀犯罪小説賞受賞。
                        (「BOOK」データベースより)

                      • 2010年

                        ヨハン・テオリン(Johan Theorin)

                        冬の灯台が語るとき(The Darkest Room)

                          エーランド島の古い屋敷に移り住んだヨアキムとその家族。しかし間もなく、一家を不幸が襲う。悲嘆に沈むヨアキムに、屋敷に起きる異変が追い打ちをかける。無人の部屋で聞こえる囁き、何者かの気配がする納屋…。そして死者が現世に戻ってくるというクリスマス、猛吹雪で孤立した屋敷を歓迎されざる客たちが訪れる。「ガラスの鍵」賞、英国推理作家協会賞、スウェーデン推理作家アカデミー賞の三冠に輝く傑作ミステリ。
                          (「BOOK」データベースより)

                        • 2009年

                          フレッド・ヴァルガス(Fred Vargas)

                          青チョークの男(The Chalk Circle Man)

                            パリの街で夜毎、路上に青チョークで円が描かれ、その中に様々なガラクタが置かれるという奇妙な出来事が続いていた。蝋燭、人形の頭、クリップ…。変わり者の哲学者の仕業か?しかし、ある朝、そこにあったのは喉を切られた女性の死体だった。そして、また一つ、また一つ死体が…。警察署長アダムスベルグが事件に挑む。仏ミステリ界の女王による大人気シリーズ第一弾。
                            (「BOOK」データベースより)

                          • 2008年

                            (Dominique Manotti)

                            (Lorraine Connection)

                            • 2007年

                              フレッド・ヴァルガス(Fred Vargas)

                              ネプチューンの影(Wash This Blood Clean from My Hand)

                                ネプチューンの三叉槍で刺されたような傷がある死体。30年前アダムスベルグの弟が恋人殺しの嫌疑で追われた事件も同じ手口だった。それ以前に五件、その後に二件同様の殺人があった。謎の多いこの事件で弟を失ったアダムスベルグは、彼の無実を証明すべく自らが犯人と確信する男を追い続けていた。アダムスベルグの人生を大きく変えた不可解な事件の驚愕の真相。CWA賞、813賞受賞の傑作!
                                (「BOOK」データベースより)

                              • 2006年

                                フレッド・ヴァルガス(Fred Vargas)

                                死者を起こせ(The Three Evangelists)

                                  愛称マルコ、マタイ、ルカの、それぞれ専門の異なる若く個性的な歴史学者と元刑事が、ともに暮らすパリのボロ館。その隣家に住む引退したオペラ歌手の婦人が怯えていた。ある朝突然、見知らぬ木が庭に植えられていたというのだ。ボロ館の四人がその木の下を掘るが何も出ない。そして婦人は失踪した。いったい何が起こったのか?気鋭の女流が贈る仏ミステリ批評家賞、ル・マン市ミステリ大賞受賞の傑作。
                                  (「BOOK」データベースより)