面白い本を探す

日本冒険小説協会大賞 海外部門を受賞した作品の一覧です。

日本冒険小説協会大賞(海外部門)受賞作

今は亡きコメディアンの内藤陳氏が設立した日本冒険小説協会の会員による投票で、前年に国内で発表された冒険小説作品から選定される文学賞です。
残念なことに2011年に会長の内藤陳氏が逝去された事から、日本冒険小説協会は解散宣言が出され、この文学賞も廃止となりました。
大賞は国内部門と海外部門に分かれていますが、以下は海外部門の受賞作です。

  • 第30回
    (2011年)

    ジェフリー・ディーヴァー(Jeffery Deaver)

    007 白紙委任状(Carte Blanche)

    • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆

    英国の情報機関が突き止めた大量殺人計画はわずか6日後に行われる予定だった。緊急指令が発せられ、英国MI6の秘密諜報員007号ことジェームズ・ボンドに白紙委任状が渡された。大量殺人を企む謎の人物の計画を阻止するためにセルビアに赴いたジェームズ・ボンドは、ロンドン、ドバイ・南アフリカと駆けずり回る。イアン・フレミングが生んだスーパーヒーローを主人公にしたジェフリー・ディーヴァーのスピーディでどんでん返しが続く冒険物語。

  • 第29回
    (2010年)

    ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)

    フランキー・マシーンの冬(The Winter of Frankie Nachiene)

    • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆☆

    フランク・マシアーノはマフィアの世界から足を洗ったつもりだった。地元サンディエゴで釣り餌店をはじめ複数のビジネスを営むかたわら、元妻と娘、恋人の間を忙しく立ち回り、“紳士の時間”にはサーフィンを楽しむ62歳の元殺し屋。だが“餌店のフランク”としての彼の平和な日々は、冬のある一日に突然終わりを告げる。過去の何者かが、かつて“フランキー・マシーン”と呼ばれた凄腕の存在を消し去ろうとしていた―。
    (「BOOK」データベースより)

  • 第28回
    (2009年)

    ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)

    犬の力(The Power Of The Dog)

    • 再読度 ☆:読後感 ☆☆☆

    メキシコの麻薬撲滅に取り憑かれたDEAの捜査官アート・ケラー。叔父が築くラテンアメリカの麻薬カルテルの後継バレーラ兄弟。高級娼婦への道を歩む美貌の不良学生ノーラに、やがて無慈悲な殺し屋となるヘルズ・キッチン育ちの若者カラン。彼らが好むと好まざるとにかかわらず放り込まれるのは、30年に及ぶ壮絶な麻薬戦争。米国政府、麻薬カルテル、マフィアら様々な組織の思惑が交錯し、物語は疾走を始める―。
    (「BOOK」データベースより)

  • 第27回
    (2008年)

    トム・ロブ・スミス(Tom Rob Smith)

    チャイルド44(Child 44)

      スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた……。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作!
      (「内容紹介」より)

    • 第26回
      (2007年)

      ジェフリー・ディーヴァー(Jeffery Deaver)

      ウォッチメイカー(The Cold Moon)

      • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆☆

      ウォッチメイカーと名乗る殺人者あらわる。その報がリンカーン・ライムのもとに届いた。手口は残忍で、いずれの現場にもアンティークの時計が残されていた。やがて犯人が同じ時計を十個、買っていることが判明した―被害者候補はあと八人いる!だが、いつ、誰が、どこで?尋問の天才キャサリン・ダンスとともに、ライムはウォッチメイカー阻止に奔走する。一方、刑事アメリア・サックスは別の事件を抱えていた。会計士が自殺を擬装して殺された―事件にはニューヨーク市警の腐敗警官が噛んでいるようだった。捜査を続けるアメリアの身に危険が迫る。二つの事件はどう交差するのか?史上最強の敵、登場!時計じかけのごとく緻密な犯罪計画をひっさげてライムとアメリアを翻弄するウォッチメイカー。熾烈な頭脳戦に勝利するのはライムか殺人者か?ドンデン返しに次ぐドンデン返し。あまりに緻密な犯罪計画で読者を驚愕の淵に叩き込む現代最高のミステリー・シリーズ最新作。
      (「BOOK」データベースより)

    • 第25回
      (2006年)

      ディック・フランシス(Dick Francis)

      再起(Under Orders)

        障害レースの最高峰、チェルトナム・ゴールド・カップが行なわれる当日、元騎手の調査員シッド・ハレーは競馬場を訪れ、建設会社を経営する上院議員ジョニイ・エンストーン卿から仕事を依頼された。持ち馬が八百長に利用されている疑いがあるので、調べてほしいというのだ。彼は調教師のビル・バートンと騎手のヒュー・ウォーカーが怪しいという。ハレーは依頼を引き受けるが、その直後、競馬場の片隅でウォーカーの射殺死体が発見された。この日、ウォーカーとバートンが罵り合っているのを多くの人が目撃していた。そしてウォーカーは前夜、ハレーの留守番電話にメッセージを残していた。レースで八百長をするよう何者かに脅されていたらしく、「言うことをきかなければ殺す」と言われたという。やがてハレーは思わぬ経緯でウォーカーの父親から息子を殺した犯人を突き止めてほしいとの依頼を受ける。さらに知人から、ギャンブル法改正によって発生する不正についての調査も任される。こうしてハレーは三つの依頼を抱えることになった。そんな折、警察はバートンをウォーカー殺害容疑と八百長の疑いで逮捕する。彼は証拠不十分で釈放されるが、やがて事件が起きた。そのバートンが自宅で拳銃自殺をしたというのだ。どうしても彼が自殺したとは思えないハレーは、調査を進めていく。だが、卑劣な敵は、ハレーの最大の弱点である恋人のマリーナに照準を定め、魔手を伸ばしてきた!『大穴』『利腕』『敵手』に続き、不屈の男シッド・ハレー四たび登場!巨匠が六年の沈黙を破って放つ待望の競馬シリーズ最新作。
        (「BOOK」データベースより)

      • 第24回
        (2005年)

        ジェイムス・カルロス・ブレイク(James Carlos Blake)

        無頼の掟(A World Of Thieves)

          時代を超えて愛されてきたヒーロー像のひとつが「アウトロー」。息苦しい規範を踏み破って荒野をめざし、許しがたい悪には必殺の一弾を撃ちこむことをためらわない。そんな男たちの疾走を描く犯罪活劇が本書。荒野を裂く強盗兄弟、それに加わる若き甥。彼らを復讐の鬼と化して追う冷血の刑事――敵が強大な活劇にハズレなし。サム・ペキンパーゆずりの苛烈とロマンティシズム冴える傑作。
          (「BOOK」データベースより)

        • 第23回
          (2004年)

          ジェイムズ・クラムリー(James Crumley)

          ファイナルカントリー(The Final Country)

            酒場で出会い深い仲となった「危険なまでに魅惑的」な女モリーの依頼を受けた酔いどれ探偵ミロ・ミロドラゴヴィッチ。レイプされ、無惨に殺された妹の敵討ちを手伝って欲しいというのだ。女の言葉を信じ、容疑者が現われるはずの公園へと向かったミロだったが…テキサスで酒場を経営し退屈な日々を送っていたミロを突如襲う無数の銃弾。酔いどれ探偵に安息の日々は訪れないのか?ついに沈黙を破った巨匠が放つ、叙情派ハードボイルドの新傑作。CWA(英国推理作家協会)賞シルヴァー・ダガー賞受賞作。
            (「BOOK」データベースより)

          • 第22回
            (2003年)

            ヴィクター・ギシュラー(Victor Gischler)

            拳銃猿(Gun Monkeys)

              犯罪集団“猿の檻”最強の銃の名手チャーリー。彼はギャングのベガーに頼まれ、消えた裏帳簿を取り戻す仕事を受ける。見事に帳簿は奪還するがその直後、FBIと警察がチャーリーを追ってきた。さらに“猿の檻”のボスがベガーに拉致され、仲間が次々と暗殺されてしまう。組織をこけにする奴は許さない!義理と人情の殺し屋チャーリーは、超悪徳男ベガー抹殺を決意!脳髄を快感で満たすガン・アクション・ミステリ。
              (「BOOK」データベースより)

            • 第21回
              (2002年)

              スティーヴン・ハンター(Stephen Hunter)

              最も危険な場所(Pale Horse Coming)

                1951年、州警察巡査部長アール・スワガーの親友サム・ヴィンセントはある人物の消息調査の仕事を引き受けた。サムが調査に赴いたのはミシシッピ州ティーブズという黒人町。そこにある有色人種用の刑務農場は、一度入ったら生きて帰れないと黒人犯罪者のあいだで噂されている所だった。到着早々、彼は地元保安官に不当逮捕される。だが、後からやって来たアールの助けでサムは脱出に成功した。一方、あとに残ったアールの方が追手に捕まり、看守と囚人の双方から凄絶な暴行を受けることになった。
                (「BOOK」データベースより)

              • 第20回
                (2001年)

                ボストン・テラン(Boston Teran)

                神は銃弾(God Is a Bullet)

                • 再読度 ☆:読後感 ☆

                憤怒―それを糧に、ボブは追う。別れた妻を惨殺し、娘を連れ去った残虐なカルト集団を。やつらが生み出した地獄から生還した女を友に、憎悪と銃弾を手に…。鮮烈にして苛烈な文体が描き出す銃撃と復讐の宴。神なき荒野で正義を追い求めるふたつの魂の疾走。発表と同時に作家・評論家の絶賛を受けた、イギリス推理作家協会最優秀新人賞受賞作。
                (「BOOK」データベースより)

              • 第19回
                (2000年)

                リー・チャイルド(Lee Child)

                キリング・フロアー(Killing Floor)

                  ジャック・リーチャー。元軍人。仕事も家族も、友人さえも持たずただ一人放浪する男。伝説のギター奏者の面影を求めて訪れたジョージアの田舎町で身に覚えのない殺人容疑をかけられ、刑務所で殺されかかった彼は、自分を狙う何者かの意志を察知する。刊行と同時に全米マスコミの絶賛を浴びたアクション巨編。
                  (「BOOK」データベースより)

                • 第18回
                  (1999年)

                  スティーヴン・ハンター(Stephen Hunter)

                  狩りのとき(Time to Hunt)

                    1971年ワシントンDC。二十二歳になる海兵隊所属ダニー・フェンはかの地ヴェトナムでの軍務をはたし本国へ帰還、退役まで一年余りとなっていた。その彼に海軍情報部の人間が接触して来た。ダニーと同じ隊に所属する一等兵の行動を監察し報告せよと言うのだ。彼は反戦活動家に情報を流していると言う。拒否すればヴェトナム送りだと脅されダニーはしぶしぶ従うが、証言を求められると決然とそれを拒否した。再びヴェトナムに赴いたダニーは狙撃ティームに編入されその上官が練達のスナイパー、ボブ・スワガーだった。
                    (「BOOK」データベースより)

                  • 第17回
                    (1998年)

                    スティーヴン・ハンター(Stephen Hunter)

                    ブラックライト(Black Light)

                      アリゾナ州の田舎で平穏に暮らす名スナイパー、海兵隊退役一等軍曹、ボブ・リー・スワガーのもとにラス・ピューティという青年が訪ねてきた。「あなたの父上の話が書きたいのです」とラス・ピューティは言った。1955年7月、アーカンソー州の警察官アール・リー・スワガーは逃走中の凶悪犯との銃撃戦で殉職した。四十年前の事件を調べはじめた二人に気づき、真実が明るみに出ることを恐れた男たちが、いま動きはじめた…。『ダーティホワイトボーイズ』で好評を博した巨匠S・ハンターの最新アクション長編。
                      (「BOOK」データベースより)

                    • 第16回
                      (1997年)

                      グレン・ミード(Gleen Meade)

                      雪の狼(Snow Wolf)

                      • 再読度 ☆☆:読後感 ☆☆☆

                      40数年の歳月を経て今なお機密扱いされる合衆国の極秘作戦「スノウ・ウルフ」とは?冷戦のさなかの1953年、酷寒のソヴィエトにおいて、孤高の暗殺者スランスキー、薄幸の美女アンナ、CIA局員マッシーたちが、命を賭けて達成しようとしたものは何か。
                      (「BOOK」データベースより)

                    • 第15回
                      (1996年)

                      ディック・フランシス(Dick Francis)

                      敵手(Come To Grief)

                        馬の脚が切断されるという残忍な事件が続発した。元ジョッキイの調査員シッドは、飼い馬を傷つけられた白血病の少女に犯人探しを依頼される。やがて容疑者として浮かんだのは、ジョッキイ時代の好敵手で今は国民的タレントの親友エリスだった。シッドはやむなく彼を告発するが、逆にエリスを擁護するマスコミから執拗な攻撃を!不屈のヒーロー、シッド・ハレー三たび登場。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。
                        (「BOOK」データベースより)

                      • 第14回
                        (1995年)

                        ロバート・R・マキャモン(Robert R. McCammon)

                        少年時代(Boy's Life)

                        • 再読度 ☆☆☆:読後感 ☆☆☆

                        十二歳のあの頃、世界は魔法に満ちていた― 1964年、アメリカ南部の小さな町。そこで暮らす少年コーリーが、ある朝殺人事件を目撃したことから始まる冒険の数々。誰もが経験しながらも、大人になって忘れてしまった少年時代のきらめく日々を、みずみずしいノスタルジーで描く成長小説の傑作。 日本冒険小説協会大賞受賞作。
                        (「BOOK」データベースより)

                      • 第13回
                        (1994年)

                        ロバート・R・マキャモン(Robert R. McCammon)

                        スワン・ソング(Swan Song)

                          ブラム・ストーカー賞最優秀長篇小説賞、日本冒険小説協会大賞受賞。第三次世界大戦勃発。核ミサイルによる炎の柱と放射能の嵐が全土を覆い尽くした。生き延びた人々を待っていたのは、放射能障害、「核の冬」の極寒、そして過去の遺物の争奪…死よりなお凄惨な狂気の世界であった。核戦争後のアメリカ大陸を舞台に繰り広げられる世界再生の鍵を握る少女スワンを巡る聖と邪の闘い。世紀末の黙示録神話を描く「超」大作巨篇。
                          (「BOOK」データベースより)

                        • 第12回
                          (1993年)

                          ディーン・R. クーンツ(Dean R. Koontz)

                          ウォッチャーズ(Watchers)

                          • 再読度 ☆☆☆:読後感 ☆☆☆

                          森で拾ったその犬には、なにか知性のようなものが、意志に似たものが感じられた。孤独な中年男のトラヴィスは犬に〈アインシュタイン〉と名を与え、半信半疑の対話を試みる。徐々にわかってくる信じがたい事実。それにしても、犬は何を警戒しているのだろう。繁みの陰に、暗闇の奥に、なにか恐るべき“もの”がひそんでいるのか。
                          (「BOOK」データベースより)

                        • 第11回
                          (1992年)

                          クライブ・カッスラー(Clive Cussler)

                          死のサハラを脱出せよ(Sahara)

                            1865年、アメリカ南軍の甲鉄鑑が、バージニアの川霧の彼方へと姿を消した―。1931年、オーストラリアの女性飛行家の愛機は、サハラ砂漠の南西部に不時着した―。そして1996年、サファリに赴いたイギリスの一行がマリで殺戮の洗礼を受ける。おりしもサハラの南、大西洋では巨大な赤潮が発生していた―。ダーク・ピットが歴史の謎と人類の危機に挑む全米No.1の話題作。
                            (「BOOK」データベースより)

                          • 第10回
                            (1991年)

                            バーナード・コーンウェル(Bernard Cornwell)

                            ロセンデール家の嵐(Sea Lord)

                              ひさしぶりに帰郷した伯爵ジョン・ロセンデールは、ヴァンゴッホ初期の《ひまわり》を探そうとしていた。四年前、この名画は母が売却する直前に盗まれてしまった。その犯人であると疑われたジョンは、海を放浪する旅へと逃げだしたのだ。だが母亡きあと、障害をもつ下の妹の面倒をみるために、行方不明の絵を見つけださねばならない。そう決心したジョンは何者かに命を狙われる羽目に。日本冒険小説協会大賞受賞の傑作。
                              (「BOOK」データベースより)

                            • 第9回
                              (1990年)

                              ウィルバー・スミス(Wilbur Smith)

                              虎の眼(The Eye of the Tiger)

                                モザンビーク沖の小さな島国セント・メアリー。かつてはヤバい渡世をしていたハリーも、いまはおとなしく優雅な愛艇を操ってチャーター船業にいそしんでいる。ある日、怪しげな雰囲気の二人組が現われ、危険な岩礁の島へ案内させて海中から何かを引き揚げる。この謎の品物は何なのか?息つくひまもない危機と冒険の連続。
                                (「BOOK」データベースより)

                              • 第8回
                                (1989年)

                                スティーヴン・ハンター(Stephen Hunter)

                                真夜中のデッドリミット(The Day Before Midnight)

                                  アメリカ・メリーランド州の山中深く埋められた核ミサイル発射基地。難攻不落のこの基地が、謎の集団に占拠された。最新鋭核ミサイルの発射を阻止するためには、基地へ侵入するしかない。ミサイル発射までに残された時間は十数時間。基地奪回に出動した歴戦の勇士プラー大佐率いる特殊部隊デルタ・フォースは世界の終末を救えるのか…。息づまり迫力で描く大型軍事サスペンス。
                                  (「BOOK」データベースより)

                                • 第7回
                                  (1988年)

                                  トレヴェニアン(Trevanian)

                                  夢果つる街(The Main)

                                    吹き溜まりの街、ザ・メイン。いろんな人間たちが破れた夢を抱えて生きている。ラポワント警部補は毎日パトロールを欠かさない。ここは彼の街であり、彼が街の“法律”なのだ。そしてラポワントにも潰えた夢があった…。それは奇妙な死体だった。胸を一突きされて、祈るような格好で路地にうずくまっていた。イタリア系らしい若い男だった。街を知りつくしたラポワントは、難なく最初の手がかりをつかんだ。だがやがて浮かびあがるのはまったく意外な犯人、そしてそこにも街の悲しい過去があるのだった―。
                                    (「BOOK」データベースより)

                                  • 第6回
                                    (1987年)

                                    ボブ・ラングレー(Bob Langley)

                                    北壁の死闘(Traverse ofThe Gods)

                                      アイガー北壁で氷漬けのナチ軍人の死体が発見された。謎の遺体に関心を抱いたBBC局員が意外な事実を探り出す。第2次大戦末期、原子爆弾の開発をめぐってナチ・ドイツが精鋭クライマーを集めて打った奇策。追いつめられた彼らが魔の北壁で繰り広げた壮絶な死闘。J.ヒギンズをして「比類なき傑作」と言わしめた、超一級の山岳冒険小説登場!
                                      (「BOOK」データベースより)

                                    • 第5回
                                      (1986年)

                                      ディック・フランシス(Dick Francis)

                                      証拠(Proof)

                                        サンテミリオン、マコン…私は一本一本、慎重に香りを嗅ぎ、味見をしては吐き出した。どれも同じワインだ―酒屋を営むビーチは、あるレストランで偽ラベルで売られている酒を発見した。しかも、それは氷山の一角で、偽酒は大量にでまわっていたのだ。さらに件のレストランのウェイターが惨殺されるに及び、事件は複雑な様相をみせはじめた…。利き酒の能力と知識を買われ、警察の捜査に協力するうち、ビーチは巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。酒の世界を舞台に、謙虚な勇気と該博な知識を武器に闘う男の孤独な姿を描く傑作サスペンス。
                                        (「BOOK」データベースより)

                                      • 第4回
                                        (1985年)

                                        ジェイムズ・クラムリー(James Crumley)

                                        ダンシング・ベア(Dancing Bear)

                                          十一月になると、ここ西部にも万物が凍てつく冬の足音が聞こえてくる。吹きすさぶ風が運んできたかのように、私のもとに一通の手紙が舞いこんだ。死んだ父親の愛人からで、密会を続ける謎の男女の目的を探ってほしいという。好奇心も手伝って、私はその男女を追い始めたが、やがて思いもよらぬ殺人事件の渦中に。『酔いどれの誇り』に続き、大西部の雄大な自然に抱かれて生きる探偵ミロの姿を詩情豊かに描き出した感動作。
                                          (「BOOK」データベースより)

                                        • 第3回
                                          (1984年)

                                          ロバート・ラドラム(Robert Ludlum)

                                          暗殺者(Bourne Identity)

                                          • 第2回
                                            (1983年)

                                            ジョン・ル・カレ(John le Carre)

                                            リトル・ドラマー・ガール(The Little Drummer Girl)

                                              ヨーロッパ各地で頻発する、ユダヤ人を標的としたアラブの爆弾テロ。その黒幕を追及するイスラエル情報機関は、イギリスの女優チャーリィに接触し、ある秘密作戦への協力を依頼する。その作戦とは―。イスラエル側が拉致したアラブ人テロリストの恋人になりすまし、テロ組織に潜入して情報を入手するというものだった。架空の人格を緻密につくりあげたチャーリィは、女優としての全才能を賭けて危険な演技に挑んでゆく。
                                              (「BOOK」データベースより)

                                            • 第1回
                                              (1982年)

                                              ロバート・B・パーカー(Robert B. Parker)

                                              初秋(Early Autumn)

                                                離婚した夫が連れ去った息子を取り戻してほしい。―スペンサーにとっては簡単な仕事だった。が、問題の少年、ポールは彼の心にわだかまりを残した。対立する両親の間で駆け引きの材料に使われ、固く心を閉ざして何事にも関心を示さない少年。スペンサーは決心する。ポールを自立させるためには、一からすべてを学ばせるしかない。スペンサー流のトレーニングが始まる。―人生の生き方を何も知らぬ少年と、彼を見守るスペンサーの交流を描き、ハードボイルドの心を新たな局面で感動的に謳い上げた傑作。
                                                (「BOOK」データベースより)